キャッシングの利息を減らすコツ

キャッシングを利用していく中で1番気になるのが利息ではないでしょうか。利息を少しでも減らすことが、キャッシングを上手に利用していく上で重要な部分になります。では利息を減らすためにはどうしたら良いのでしょうか。利息は金利によって変わってきますが、なるべく低金利のサービスを選ぶことによって、キャッシングの利息を少なくすることが可能です。

基本的に銀行系のキャッシングの方が消費者金融よりも、低金利で利用できるようになっており、少ない利息でキャッシングを利用することが可能です。しかし消費者金融にもメリットがないわけではありません。消費者金融では、無利息キャッシングなどのサービスを展開している場合もあり、利息なしでキャッシングを利用することが可能になっています。

無利息キャッシングは条件があるので、利用する前にどんな条件になっているのか十分にチェックする必要があるでしょう。また利息を少しでも減らすもう一つのコツとしては、返済をなるべく急ぐことが挙げられます。利息は日割計算になるので、返済が早いほど支払う利息は減ることになります。このようなポイントをしっかりと抑えて、キャッシングを上手に活用していきましょう。

中小消費者金融は貸金営業の登録番号だけでは判斷し難い!

大手消費者金融の他、日本国内には中小消費者金融が多数存在します。2000年以前と貸金業法の改正以降、一時的には貸金業者の数が減少傾向にあったものの、近年でも新たな業者が増えています。これらの貸金業者の中から優良業者と判斷する手段として、口コミや貸金営業の登録番号すなわち更新回数から判斷するという方法があります。

しかしながら、この方法により本来は優良貸金業者であるものの、更新回数が少ないだけで契約検討先から除外してしまうケースがあります。貸金英魚の許可は、一般的に各地方の財務局長や各都道府県知事から許可を得ています。現在では、インターネットの普及により実店舗自体での営業を縮小し、財務局での登録から都道府県での登録に切り替えるケースが増えています。

その結果、創業年数も長く、実績と信頼性のある貸金業者を見落としてしまう可能性が出ています。そのため、貸金業者を選ぶ際は、登録番号だけでなく、会社概要もしっかりとチェックする必要があります。事業内容や企業沿革、資本金情報の有無は現在では非常に重要な情報となっています。

また、怪しいと思われる貸金業者の場合は、会社情報が不足していることや記載していないケースがあるため、危険性を判別する情報ともなります。

おまとめローンのメリットを受けられるのはごく僅かです

改正貸金業法が完全施行された2010年6月以降、貸金業法に基づいた貸付をしている信販会社と消費者金融は、総量規制による厳しい貸付制限が課されています。年収の1/3を越える貸付が原則として禁止されたことにより、多重債務者でありながら返済を普通に行えていた人であっても、急に苦しい立場に立たされることになった人が少なくありません。

利息制限法の上限金利は、貸付残高が増えるほど段階的に規制が厳しくなっているので、10万円、100万円といった区切りごとにおまとめローンを利用して1社からの貸付残高を増やした方が、金利負担が軽くなるわけです。複数の消費者金融から50万円といった少額融資を受けている状態ならば、100万円以上の利用限度額で借り換えた方が金利引下げ効果を期待出来ます。

遅れずに払い続ければ、総利息を減らしつつ完済が可能です。おまとめローンへの借り換え時に年収の1/3を越える利用限度額となってしまったとしても、金利が下がるならば利用者に一方的に有利な借り換えとして総量規制の例外として認められます。

利用限度額が大きいほどに審査が厳しくなるので、実際に1社におまとめローンを設定出来るかどうかは、やってみなければ分からないので、実際に借り換え出来た人ばかりとは限りません。

キャッシングの使い方は自分で決める事が出来る

生活の中で少しお金が足りないと感じる場合もあるのではないでしょうか。ショッピングなどに出かけた際に財布に現金がなかったりする場合は、諦めるしかないのでしょうか。そのような場合に役立つのが消費者金融のキャッシングやカードローンです。

現在ではクレジットカードを利用してショッピングを行うことが非常に増えてきていますが、現金のみ割引になるような商品もまだまだ多くあるので、現金のメリットはまだまだ多くあります。そのような際に役立つサービスがキャッシングやカードローンのサービスです。

キャッシングやカードローンは様々なことに活用することができますが、もちろんショッピングで利用しても問題はありません。現金特価の商品などもキャッシングやカードローンを利用することで、お金を支払うことが可能になりますし、一括で返済ができない場合は分割払いにしたり、リボ払いにしたりすることも可能です。

自分のペースでお金を返済することができるので、様々なことに利用することができるでしょう。大切な事は信頼や実績のある消費者金融を選んで利用するということです。それぞれの消費者金融のサービスには様々な特徴があるので、自分にとってベストなサービスを探して利用するようにしましょう。

即日融資でキャッシングを検討したい場合

消費者金融では様々な魅力的なサービスがありますが、キャッシングやカードローンは非常に人気になっています。カードローンは契約をすることで、いつでも借り入れをしたい時に、ATM等からお金を引き出すことが可能になります。ATMは全国各地にあるので、コンビニ等のATMも含めると24時間いつでも借り入れができるようになります。

また返済もATMが利用できるので、忙しい毎日でも返済が遅れる心配もないと言えるでしょう。この便利なカードローンですが、これからキャッシングやカードローンを契約をして即日融資で利用したいと考える場合も多いのではないでしょうか。カードの発行までを考える場合は、無人契約機の利用をお勧めします。現在カードローン等を申し込む場合は、インターネットや電話等で申し込む方も多いですが、カードの発行は後日になるので、すぐにカードが欲しい方にとっては、無人契約機で契約を行った方が良いケースがあります。

また無人契約機の場合は夜8時ぐらいまで利用できる場合が多いので、店舗よりも利用しやすいメリットがあります。発行したカードはすぐに利用することができるので、即日融資でキャッシングやカードローンを利用することが可能になります。どのように返済していくのかしっかりと計画を立てて、利用するように心がけていきましょう。

債務整理の前におまとめローンの検討を

複数の金融機関に債務があり、返済がだんだん苦しくなってきた人やこのままでは返済ができなくなると考えている人は債務整理を考えることもあるでしょう。債務整理は借金を減額したうえで完済することを目指すか、借金をゼロに免責するという多重債務を持っている人にとっては非常に有利なように感じられます。

しかし、債務整理をすればブラックリスト入りやほとんどの自己財産の処分などのデメリットも相当あることを覚悟しなければなりません。どうしても返済が厳しくなっている人以外は債務整理の前におまとめローンの検討を考えるべきです。債務整理とは違っておまとめローンの利用ではデメリットはあまりありません。おまとめローンの利用によって借金の減額をされることはありませんが、おまとめローンの利用によって金利が下がることが多いですから、総返済額ということから考えてみれば、おまとめローンの利用で総返済額が少なくなることが考えられます。減額される金額には違いがありますが、減額される金額によってはおまとめローンの利用で完済を目指すことができるのは同じことです。債務整理は最後の手段として残しておいてまずはおまとめローンの利用を検討しましょう。

銀行カードローンの他に使える銀行ローン

銀行からお金を借りるとき、銀行カードローン以外にお金を借りる事が出来ないと思われていませんか。

実は銀行は元々色々なローンを展開しており、用途がはっきりしているときは銀行カードローンよりお得な事が多いのです。

銀行カードローン以外のローンを紹介します。

教育ローン

お子さんの入学日や学費等に使用できるローンです。金利は何処の銀行も5%以下で借りることが出来て、非常に便利なローンになっています。証明書として、入学パンフレットや申し込み書類が必要になりますが、教育にかかわるローンとはっきりしているときは銀行カードローンよりも数段お得ですので、検討してみるといいでしょう。

リフォームローン

リフォーム資金などを貸してくれるローンになります。急な雨漏りとかですぐに工事しないといけない時、あわてずに銀行カードローンではなくリフォームローンに申し込んでください。

多目的ローン(フリーローン)

多目的ローンというとカードローンのように自由に使っていいのかというとちょっと違います。多目的ローンは引っ越し、旅行、家具の購入など比較的大きな出費の時に組めるローンです。これもまた証明が必要になります。

銀行カードローンに申し込む前に、ぜひ一度目的別のローンも検討に入れてみてください。

キャッシングでよりスムーズな生活を送りませんか?

私がキャッシングをするきっかけになったのは自身の結婚式でした。

夫婦合わせて貯金が約100万しかない状況で結婚式を挙げることになったのですが、自分のやりたい形(水準・レベル)の結婚式は最低でも200万以上するものだったのでどうしても妥協できず、元々メインバンクであったUFJにてバンクイックを利用して100万円借り入れすることになりました。良かった点は審査が早く通ったことでお金への心配などストレスが少なかったこと、ATMですぐに下ろせてすごく簡単(簡単すぎて不安になるくらい)だったこと、カスタマーサポートセンターの対応がよかった(説明が丁寧でわかりやすかった)ことです。

その後、約2年で返済したのですが、そのあまりの手軽さから主婦になった現在でも生活費が足りなくなるたびに割と気軽に利用してしまっています。昔よりも借金をしているという意識(罪悪感)を持たずに繰り返してしまうのは、お金が手に入るまでがあまりにあっけなく深く考える間もないそのスピーディーさにあるのかなと思いますが、おかげで親や兄弟にも迷惑をかけることなく自己完結できるので少ない金額であればすぐに返せるし誰にも知られることなくやりくりができて大いに助かっています。私はいいのか悪いのか収支とカードローンとの癒着が激しいのでエスカレートしないように気を付ける日々です。借りる・返すを少額でやる分にはむしろ生活をスムーズにしてくれる潤滑油的な存在です。うまく付き合うことができればこんなに便利なものはないと思いますよ。