債務整理の前におまとめローンの検討を

複数の金融機関に債務があり、返済がだんだん苦しくなってきた人やこのままでは返済ができなくなると考えている人は債務整理を考えることもあるでしょう。債務整理は借金を減額したうえで完済することを目指すか、借金をゼロに免責するという多重債務を持っている人にとっては非常に有利なように感じられます。

しかし、債務整理をすればブラックリスト入りやほとんどの自己財産の処分などのデメリットも相当あることを覚悟しなければなりません。どうしても返済が厳しくなっている人以外は債務整理の前におまとめローンの検討を考えるべきです。債務整理とは違っておまとめローンの利用ではデメリットはあまりありません。おまとめローンの利用によって借金の減額をされることはありませんが、おまとめローンの利用によって金利が下がることが多いですから、総返済額ということから考えてみれば、おまとめローンの利用で総返済額が少なくなることが考えられます。減額される金額には違いがありますが、減額される金額によってはおまとめローンの利用で完済を目指すことができるのは同じことです。債務整理は最後の手段として残しておいてまずはおまとめローンの利用を検討しましょう。

銀行カードローンの他に使える銀行ローン

銀行からお金を借りるとき、銀行カードローン以外にお金を借りる事が出来ないと思われていませんか。

実は銀行は元々色々なローンを展開しており、用途がはっきりしているときは銀行カードローンよりお得な事が多いのです。

銀行カードローン以外のローンを紹介します。

教育ローン

お子さんの入学日や学費等に使用できるローンです。金利は何処の銀行も5%以下で借りることが出来て、非常に便利なローンになっています。証明書として、入学パンフレットや申し込み書類が必要になりますが、教育にかかわるローンとはっきりしているときは銀行カードローンよりも数段お得ですので、検討してみるといいでしょう。

リフォームローン

リフォーム資金などを貸してくれるローンになります。急な雨漏りとかですぐに工事しないといけない時、あわてずに銀行カードローンではなくリフォームローンに申し込んでください。

多目的ローン(フリーローン)

多目的ローンというとカードローンのように自由に使っていいのかというとちょっと違います。多目的ローンは引っ越し、旅行、家具の購入など比較的大きな出費の時に組めるローンです。これもまた証明が必要になります。

銀行カードローンに申し込む前に、ぜひ一度目的別のローンも検討に入れてみてください。