おまとめローンのメリットを受けられるのはごく僅かです

改正貸金業法が完全施行された2010年6月以降、貸金業法に基づいた貸付をしている信販会社と消費者金融は、総量規制による厳しい貸付制限が課されています。年収の1/3を越える貸付が原則として禁止されたことにより、多重債務者でありながら返済を普通に行えていた人であっても、急に苦しい立場に立たされることになった人が少なくありません。

利息制限法の上限金利は、貸付残高が増えるほど段階的に規制が厳しくなっているので、10万円、100万円といった区切りごとにおまとめローンを利用して1社からの貸付残高を増やした方が、金利負担が軽くなるわけです。複数の消費者金融から50万円といった少額融資を受けている状態ならば、100万円以上の利用限度額で借り換えた方が金利引下げ効果を期待出来ます。

遅れずに払い続ければ、総利息を減らしつつ完済が可能です。おまとめローンへの借り換え時に年収の1/3を越える利用限度額となってしまったとしても、金利が下がるならば利用者に一方的に有利な借り換えとして総量規制の例外として認められます。

利用限度額が大きいほどに審査が厳しくなるので、実際に1社におまとめローンを設定出来るかどうかは、やってみなければ分からないので、実際に借り換え出来た人ばかりとは限りません。