銀行カードローンの他に使える銀行ローン

銀行からお金を借りるとき、銀行カードローン以外にお金を借りる事が出来ないと思われていませんか。

実は銀行は元々色々なローンを展開しており、用途がはっきりしているときは銀行カードローンよりお得な事が多いのです。

銀行カードローン以外のローンを紹介します。

教育ローン

お子さんの入学日や学費等に使用できるローンです。金利は何処の銀行も5%以下で借りることが出来て、非常に便利なローンになっています。証明書として、入学パンフレットや申し込み書類が必要になりますが、教育にかかわるローンとはっきりしているときは銀行カードローンよりも数段お得ですので、検討してみるといいでしょう。

リフォームローン

リフォーム資金などを貸してくれるローンになります。急な雨漏りとかですぐに工事しないといけない時、あわてずに銀行カードローンではなくリフォームローンに申し込んでください。

多目的ローン(フリーローン)

多目的ローンというとカードローンのように自由に使っていいのかというとちょっと違います。多目的ローンは引っ越し、旅行、家具の購入など比較的大きな出費の時に組めるローンです。これもまた証明が必要になります。

銀行カードローンに申し込む前に、ぜひ一度目的別のローンも検討に入れてみてください。

銀行カードローンを利用して複数の借金を一本化することも可能

既に複数の会社から借りている借金を一本化して返済しやすくするためのおまとめローンといえば、消費者金融のおまとめ専用ローンを思い浮かべる人も多いでしょう。おまとめ専用ローンならば総量規制の対象外で、複数の借り入れを一本化することにより返済日が月に一回だけになり、金利も低くなる可能性があり返済しやすくなるというメリットがあります。

おまとめ専用ローンの他にも、銀行のカードローンも借金の一本化のためのローンとして利用できますので両方合わせて総合的に検討するのがおすすめです。銀行カードローンにはたくさんの種類がありますがそのほとんどのサービスが事業性の資金でない限りは使用目的が制限されておらず自由ですので、既にある他の借金の借り換えの目的で利用することもできます。

銀行カードローンは消費者金融やクレジットカードのキャッシング利用分よりも金利が低くなる場合が多く総量規制対象外ですので、現在利用中のサービスの金利と比較した上で返済しやすくなるかどうか一度検討してみましょう。